寮生活ができる通信制高校

学生寮がある高校の場合のメリット

現在ではインターネットを活用した方法もメジャー | 学生寮がある高校の場合のメリット | 昔の時代のような生活の上でのさまざまな不便は考えなくてよい

このような学生寮がある高校の場合には、通常は高校のキャンパスのごく近くの場所からそのまま通学ができるようになっているため、遠方の自宅から通学するような困難さがありません。
管理人も常駐していることから、特に女性の一人暮らしのようなリスクを避けることもできて、セキュリティの面での安全性が保たれます。
それ以外にも同じ学校に通学する仲間が全国から集まってくるというメリットが大きく、日々の勉強にも張り合いが生まれますし、スポーツやレクリエーションの面でも大いにキャンパスライフをエンジョイすることができます。
学生寮によっては在籍している学生を集めて定期的なイベントを開催しているケースも多く、これらのイベントを通じて全国の仲間たちと交流することが可能です。
通信制といえば自宅での勉強がメインのために孤独になりがちな印象がありますが、そのようなイメージを払拭して、全日制とも変わらない生活が送れるのはやはり大きなポイントといえるでしょう。
施設や設備の面からの充実度も特筆されるところで、居室内にはベッドや勉強机、エアコンをはじめとする家具や家電などはすべて当初からセットされていますので、アパート暮らしや下宿とは違って、あらためてこのような家財を購入する手間が省けます。
しかも館内には大きな自習室や図書室、談話室などがあるのが普通ですので、たとえば学校の授業が終わった後でも自習室で集中して復習に取り組んだりすることができますし、そのほかにも友人との語らいや小規模なイベントでも館内のスペースを活用できます。

中学不登校だった息子が高校生。


ママ友が
「真面目に学校に行って部活も勉強も頑張ってる子が馬鹿みたいじゃん。

と言ってもうちの娘は不登校する勇気ないけどね。


ど、どういう意味?
誉めてんの?
それとも悪意?

通信制高校だったら就職諦めたの?って言った人だもんなぁ。

悪気のない悪意?

— タムネコ@二人の不登校生の母 (@Tamthecat) 2019年4月5日